思い出度抜群!ノスタルジックなレトロゲームTシャツの魅力と着こなし

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

 

根強い人気を誇るレトロゲームをモチーフとしたオリジナルTシャツ

 

こんにちは!スタッフbです。

 

唐突ですが、世の中には多彩なデザインのオリジナルTシャツが存在していることはご承知のとおり。特に世のなか的に話題になった出来事やキャラクターなどは、Tシャツデザインのモチーフになりやすいことは言うまでもありません。

 

特に知名度の高いロゴやインパクトの強いキャラクターは、

 

見る人がひと目で識別できる

 

ということもあってか、現代においてもその傾向は健在。

 

例えば、1960年代に放映されていたとされる「ベティちゃん」なんて、現代の若者は知っているはずもないのですが(スタッフbも詳しく知りませんよ・・・)、Tシャツに限らず様々なウェアのデザインに採用されているのも事実。

 

ちなみに、「ベティちゃん」とは彼女です~参考までに

 

 

その他にも、トムとジェリーなんかも人気デザインのひとつで、1940年代からのアニメだということをご存じでしたでしょうか?

 

 

こんな古くからのキャラクターデザインが現代でも好まれている

 

そう考えるだけでもかなり胸アツではありますが、今回のテーマとして取り上げるのが

 

レトロゲームキャラクター

 

アニメと同じくして世の中をガラッと変えたゲーム機の数々。
そして、ゲームセンターでのゲーム機から、家庭用ゲーム機に変貌を遂げたことで、瞬く間に一般家庭にも普及し、ゲーム機本体はもちろん、ゲームに登場するキャラクターまでもが一世を風靡するまでになりました。

 

もちろん、70年代、80年代、90年代で登場するキャラクターに違いはあれど、今回ピックアップするのが世代を超えた根強い人気を誇る

 

ノスタルジーを感じさせるレトロゲームキャラクター

 

そのキャラクターをモチーフとしたオリジナルTシャツの魅力についてご紹介していきたいと思います。まぁ、特にコンピューターゲームと言えば男子の方が詳しいかもしれませんが、70年代後半から80年代にかけては、テレビゲーム自体が新鮮だったこともあり、

 

どんなゲームであっても強烈なインパクトを与えた

 

ということで、現在40~60代の団塊&団塊jr世代の方なら、今でもその記憶は鮮明に残っているのではないでしょうか?そんな記憶のなかで生き続けるレトロなゲームキャラクターのデザインTシャツの魅力に迫ってみます。

 

▼関連記事
ハマると危険?!ヴィンテージTシャツを活用した古着・MIXコーデ

 

70年後半から80年代前半に一世を風靡したゲームタイトルあれこれ

 

そもそも、印象に残るゲームキャラクターってどんなのがあるの?
代表的なレトロゲームってどんなゲーム?

 

と思われる方も多いのではないでしょうか?

 

スタッフb的な目線では、「ゲーム&ウォッチ」(通称ゲームウォッチ)の

 

オクトパスのタコw

 

をレトロゲームキャラとしてピックアップしたいところですが(苦笑)、Tシャツデザインとしてはあまりに映えなさ過ぎかもしれません。あ、余談ですが、ゲーム&ウォッチが現代風にアレンジされて再販されているようで、何気にちょっと欲しかったり・・・

 

ちなみに、みんながよく知っている昔のレトロゲームと言えば

 

・スペースインベーダー(78年)
・ギャラクシアン(79年)
・シェリフ(79年)
・クレイジー・クライマー(80年)
・パックマン(80年)
・ドンキーコング(81年)
・ディグダグ(81年)
・マリオブラザーズ(83年)

 

これらは名作中の名作でもありますので、多くの方が1度や2度は遊んだことがあるでしょう。ゲーム中の主人公であったり、自機であったり、はたまた敵キャラクターも

 

愛嬌のあるシンプルデザインのキャラクター

 

がほとんどで(もちろん時代的に複雑な表現は難しかったという背景もありますが)、これらに登場するキャラクターやゲーム自体がデザイン化され、すでにTシャツとして市販されているものも多くあります。ゲーム好きなら誰しも「おっ!」と思わせることができる、そんなレトロゲームTシャツを一部ご紹介します。

 

≪スペースインベーダーTシャツ≫

 

≪パックマンTシャツ≫

 

≪ディグダグTシャツ≫

 

これらのように、みんなが知っているようなゲームに登場していたキャラなら

 

認知度も注目度も高い!

 

ので、話題性はもちろんのこと「ゲーム愛」もアピールできる!

 

インベーダーゲームの憎き敵キャラクターも、こんな感じにドット絵で見ると、かなり愛嬌のある受け入れやすそうな可愛いキャラクターに変化しますね。

 

 

言うまでもありませんが、当時のゲーム技術ではこの程度の表現が限界だったことを考えると、Tシャツにプリントする場合はゴテゴテと装飾や現代風のデザインを入れずに

 

どのようなテイストで当時のデザインを彷彿とさせるか?

 

ちょっと古臭さを感じさせるデザインを心掛けることがポイントかもしれません。

 

▼関連記事
jbstyle. x 松山 洋(サイバーコネクトツー)最高にクールなクリエイターズ・コラボ Tシャツ!

 

デザインの魅力は「現代にはない単純明快さ」

 

ゲームキャラクターなどをモチーフとしたレトロゲームTシャツの魅力については、その認知性の高さと、ノスタルジックなデザイン性などが挙げられますが、レトロゲームTシャツという観点では、なにもキャラクターをモチーフにしたデザインのみならず

 

ゲーム画面そのものをプリント対象にする

 

というデザインテクニックも存在します。

 

例えばこんなTシャツ

 

≪ドンキーコングTシャツ≫

 

≪ギャラガTシャツ≫

 

≪ゼビウスTシャツ≫

 

これはかなり斬新な発想!と感心してしまいますが、ゲーム画面をそのままプリントするデザイン手法は意外と多く、自身で作るとなると著作権等の兼ね合いもありますので難しいかもしれませんが、単純なデザインの割りに、

 

見る人に与える情報量が多い

 

というメリットもあるので、「おっ、ドンキーコングじゃん!」と言われるのは必至。まぁ、そのあとの空気感は、どんな雰囲気になるのか想像もつきませんが、

 

ドット絵ならではのレトロ感は現代風デザインでは再現しにくい

 

というメリットを最大限活かしたTシャツがオシャレなレトロゲームTシャツと言えるでしょう。

 

もうひとつ、ゲーム画面をそのまま使用したデザイン例

 

みなさんもよくご存じ!
スーパーマリオブラザーズの画面をプリントしてはいますが、キャプチャ部分がドット絵のマリオの形になっているという、凝った発想のレトロゲームTシャツ。

 

普段使いできるか?は、みなさんのセンスにお任せ・・・ではありますが、ゲーム画面とゲームキャラクターを上手く組み合わせた秀逸デザイン。スーパーマリオブラザーズがレトロゲームと言えるかは判断の分かれるところではありますが、

 

デザインの構図がシンプルなほどレトロ感が出る

 

という点を意識しながら、お気に入りのレトロゲームTシャツを探してみると良いでしょう。

 

ちなみに、個人的にお気に入りのデザインがこれ

 

 

ボンバーマンTシャツ!
知らない人からすれば、このキャラクターが主人公なのか、敵キャラなのかも分からないかもしれませんが、このキャラクター自体の可愛らしさ、ドット絵でも動作が伝わる躍動的なデザイン、これだったら普段使いしたくなりますよね?!

 

いかがでしたでしょうか?
ゲームキャラクターのTシャツと言えど、そこにレトロ感が加わることでビンテージ的なエッセンスが加えられ、見方によってはノスタルジーでオシャレTシャツになるという点は、レトロゲームTシャツ最大の魅力ではないでしょうか?

 

▼関連記事
【クールなロゴデザイン】オリジナルTシャツに映える秀逸なロゴ&文字の組み合わせ

オシャレとお酒に目がない意識高い系アラフォー女子。人一倍こだわりが強く妥協が許せない性格。お給料の大半を洋服やコスメといったドレスアップに浪費するも、最近は着飾って出掛けるところがないのが最大の悩み。リモートワークを邪魔してくる愛猫との縄張り争いが耐えない毎日を過ごす。
投稿を作成しました 182

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る