ヨガTシャツはどんなのが良い?!めくれにくい吸汗速乾Tシャツをご紹介

Photo by Alex Shaw on Unsplash

 

ヨガウェアにTシャツはあり?ヨガに最適なTシャツの選び方

 

ヨガをするうえで、大切なアイテムと言えばヨガウェア。
オシャレなものや可愛いものなど様々なウェアがありますが、中でもトップスはTシャツでも代用できることをご存じですか?

 

ヨガのトップスと言えば、おへそが見えるようなスポブラやキャミソールなどのイメージは強いものの、気になる体型をカバーしてくれるTシャツなどもあるため、実は

 

手持ちのTシャツで代用が可能な場合もあるのです。

 

とは言っても、どんなTシャツでも良いわけではなく、ヨガTシャツの選び方にはいくつか気になるポイントがあるのです。

 

・動きを邪魔しない
・めくれ上がらない
・汗でビショビショにならない

 

などがTシャツ選びのポイント。
ヨガポーズは様々な体制をとるため、肩まわりや肋骨まわりが動かしやすいことはもちろん、めくり上がらないのもポイント。逆立ちのようなポーズなどの場合にはゆったりしたTシャツだと裾がめくれあがってしまい、お腹や背中が見えてしまうこともあるのです。自分自身集中できなくなってしまいますし、周囲の人も困ってしまいますので、適度なフィット感があるものを選びましょう。

 

また、汗をかきやすいホットヨガだけに限らず、注意したいのが一般的な綿100%のTシャツ。綿は汗を吸い取ってくれるため一見良い素材のように思えますが、保水性が高いため、なかなか乾きません。そのため、ピッタリと肌に張り付いて動きを邪魔してしまったり、馬汗冷えを起こしてしまったりするのです。

 

このような汗をかきやすいシーンでのTシャツには、汗を素早く吸収し、素早く乾燥させる性能(吸汗速乾性・吸水速乾)がマストなのです。そこで今回はヨガウェアのTシャツ選びとして、「吸汗速乾Tシャツ」と「めくれにくい」をキーワードとしてお伝えしていきます。

 

▼関連記事
ヨガウェアを揃えなくても大丈夫?ヨガ初心者のためのウェア選びについて

 

汗冷えしにくい吸汗速乾Tシャツとは?

 

ユニクロのドライTシャツやエアリズムなど、暑い夏を快適に過ごせるアイテムがある子ことをご存じの方も多いかと思いますが、吸汗速乾(吸水速乾)とは、文字の通り、

 

汗(水分)を素早く吸収し、乾燥させる性能

 

のことを指します。

 

そもそも、人の体は気温が上昇したときや運動をしたときに汗をかくことによって、体内の熱を外に逃がそうとします。ですが、速乾性に優れていないTシャツなどを着用していると、汗を吸ったTシャツが肌に張り付きやすくなってしまうのです。

 

さらに、汗の放出を妨げたり、汗で濡れて冷たくなってしまったりするため、体温の調節がしにくい状況になってしまうので、それを解消するために開発されたものが、吸汗速乾機能なのです。

 

吸汗速乾Tシャツなら、汗を吸い取り、生地表面に移動させて拡散・蒸発させる仕組みになっているため、汗をかいても

 

肌にTシャツが張り付かない
蒸れを感じにくい
サラサラとした着心地をキープ

 

してくれる、優れものなのです。
そのため、ヨガにTシャツを着用するならば、吸汗速乾のTシャツにすべきなのです。

 

速乾性に優れたドライTシャツ商品一覧

 

マストアイテム・おすすめのヨガTシャツ

 

吸汗速乾素材のTシャツがマストなことはお分かりいただけましたと思いますが、ここではめくれ上がらなく、速乾性に優れたおすすめのヨガTシャツをご紹介していきます。

 

《loopa・エッセンシャルヨガTシャツ》

 

 


ヨガウェア・スポーツウェアを展開しているloopa(ルーパ)のヨガウェア。吸水速乾に優れた生地を採用して、狭めネックと体のラインを拾わない、ゆったりとしたシルエットが特徴的。

 

《yoggy sanctuary・エアリープリントスクープネックTシャツ ホワイト》

 

 


ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」が運営するオリジナルブランド「ヨギー・サンクチュアリ」。こちらは吸汗速乾素材ではないものの、オーガニックコットンの薄手のガーゼ生地を重ねて使用したプリントTシャツ。ガーゼは一般的な綿に比べて速乾性が高いため、おすすめ。

 

《ヨガウェア女性ルーズ通気性速乾性エクササイズTシャツランニングトレーニングトップ半袖》

 

 


ショート丈でウエストがやや絞りこんでいるため、逆さまになってもめくり上がることはないでしょう。また、狭めネックで胸元も安心です。

 

《速乾ヨガランニングトレーニングスポーツウェア》

 

 


タイトなシルエットが特徴的な吸汗速乾のトレーニング用Tシャツ。襟ぐりは狭いためにどんなポーズでも胸元が気にならなく、また裾もフィット感があるため、お腹や腰回りの露出を気にせず集中できることでしょう。

 

こちらは、普通のTシャツの裾を結ぶアレンジ方法をご紹介。

 

 


これなら裾のめくれが気になるTシャツでも、結んでしまえば大丈夫ですね!

 

いかがでしたか。
手持ちのTシャツでもヨガウェアとして使えることもありますが、ヨガのポーズを取りやすく、さらに速乾性に優れたTシャツを選ぶようにしましょう。

 

▼関連記事
へそ出しTシャツに映える!シンプルデザインのオリジナルTシャツ

オシャレとお酒に目がない意識高い系アラフォー女子。人一倍こだわりが強く妥協が許せない性格。お給料の大半を洋服やコスメといったドレスアップに浪費するも、最近は着飾って出掛けるところがないのが最大の悩み。リモートワークを邪魔してくる愛猫との縄張り争いが耐えない毎日を過ごす。
投稿を作成しました 178

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る