アウトライン化

アウトライン化とは、テキストオブジェクト(文字)をパス(線)で囲まれたオブジェクトに変換する事。

Adobe Illustratorや、Inkscape(無料のベクターグラフィックエディタ)にはこの機能が備わっています。

アウトライン化する目的は、主に2つあります。

1つ目の目的は、パスに変換する事により文字の形状を自由にカスタマイズする事が出来るようにするためで、文字を変形してロゴをデザインする場合などがこれに相当します。また、文字の形で画像をくり抜くような場合も、アウトライン化は必須となります。

アウトライン化は便利な機能ですが、1度アウトライン化した文字を再びテキストオブジェクトに戻す事は出来ないので注意が必要。

後で文字内容やフォントを変更する可能性がある場合、非表示レイヤーにテキストオブジェクトを複製して残しておくなどの工夫が必要です。

2つ目の目的は、フォントに依存しないファイルを作成するためです。

通常、テキストオブジェクトの形状はフォントデータを使用して表されますが、ファイルに含まれているフォントデータがPCにインストールされていなかったり、インストールされているフォントのバージョンが違ったりすると、ファイルを開いた時に文字の形状を正確に表す事が出来なかったり、レイアウトが崩れたりといった事が起こります。データ入稿の際の注意点として、アウトライン化が挙げられるのはそのためです。

Adobe Illustratorのアウトライン化機能

アウトライン化

アウトライン化と同じカテゴリーの用語