ホワイトインクジェットプリントについて

プリントサンプル1 プリントサンプル2

CMYKの4色インクに白インクを加えた5色を使ってカラーを再現するダイレクトインクジェット。

白インクで生地を隠蔽する事により、濃色生地に対してもインクジェットプリントが可能になりました。

長所

  • 製版代などの初期費用が不要。
  • 濃色生地に対しても低価格で多色プリントが可能です。
  • 淡色生地専用のインクジェットプリントと比較して色がはっきりと出ます。

注意点

  • 金・銀・蛍光色等の特殊な色は再現できません。
  • 全面プリントには対応しておりません。
  • 淡色生地専用のインクジェットプリントに比べて単価が高いです。

免責事項

  • PCやスマートフォンのディスプレイと色の表現方法が違うため、画面上の色とは差異が生じます。
  • 素材や生地厚の違い、縫製部分の形状の違い、ポケットやボタンの有無によって仕上がりに差異が生じます。
  • 生地色が薄い場合、プリントの周りに下処理剤(人体には無害)の跡が残ります。

※一度洗濯をすれば下処理剤の跡はほとんど落ちます。

データ入稿についての注意事項

画像の余白部分は白でプリントされます。

背景が白の画像をプリント

生地色を出す場合はPhotoshopなどの画像編集ソフトで背景を透明にしてください。

透明部分のある画像を保存する際は、PSD形式またはPNG形式でお願いします。

イラストレーターでデータ(AI形式)を作成する場合、生地色を出したい部分は塗りを「なし」、白でプリントした部分は塗りを「白」に設定してください。

透過処理をした画像をプリント