オリジナルTシャツを長持ちさせる畳み方テクニック

洗ったら洗いっぱなし・・・

アイロンをかけることはほとんどなく、シワや型崩れなども気にしないで着られる。他の衣類にくらべ、Tシャツは気を使わなくても良いところがが最大の特徴かもしれませんが、実はそれだけにちょっとした気遣いだけで、とっても綺麗に長持ちしてくれるものでもあるんです。

特にせっかく作ったオリジナルプリントのTシャツ、できれば綺麗な状態で長く着ていきたいですよね。今日はそんなオリジナルTシャツを長持ちさせる畳み方についてお伝えしていきますね!

 

いつまでも綺麗に。おすすめのTシャツの収納

オリジナルプリントのTシャツを綺麗に保つ方法については、オリジナルTシャツの洗濯方法と干し方テクニック押さえておきたいプリント箇所の日焼けや色あせ防止の小技でお伝えしたことがありますが、今回はたたみ方。Tシャツそのものはもちろん、プリント部分を長持ちさせる収納方法のご紹介です。

まず始めに収納場所ですが、部屋の中のカラーボックスなどにむき出しの状態でしまうのはおすすめできません。

遮光カーテンをしていたとしても、日中の部屋の中はけっこう紫外線が入ってくるもの。外に出していたものは日焼けしてしまう危険性があるんです。ひと夏たたんで置いていたら、外側に出ていた折面の山の部分だけ日焼けを起こしてしまっていた!なんてことも起きかねません。

プリント部分においても、紫外線によって厚めのインクなどはひび割れの原因になります。
紙や布の箱も紫外線は透過してしまうので注意が必要です。なので、日焼けをしないように、クローゼットやタンスに仕舞いましょう。

また、仕舞い方ですが、たとえばシャツやジャケットは普通ハンガーにかけて吊るしてしまう方がほとんどかと思います。ですが、それは生地がカッチリしていて、伸びのないジャケットやシャツにはいいのですが、ニット素材のTシャツには向いていません。

皆さんも経験があるかもしれませんが、Tシャツを長期間ハンガーに吊るすと、肩の部分にダメージを受けたり、首元が伸びてしまったり、ハンガーの形がついてしまったりと、ハンガーは何一つ良いことがありません。

Tシャツのおすすめの収納方法は「たたみ」になります。

 

Tシャツを綺麗にたたむと長持ちする?

■オススメのたたみ方と収納方法

まず、Tシャツのプリントを裏返します。収納中にプリント面が他の衣類などと擦れて傷むのを防ぐためです。平らな場所にTシャツを広げ、左右の形が均等になるように縫い目を基準に形を整えます。(Tシャツにアイロンをかける人も少ないかと思いますが、干す時にできれば衣類を軽く叩いて細かい皺を取り、形を整えて干すだけでだいぶちがいます)

Tシャツの袖を見ごろ側に折ります。その袖の位置で折り返して縦に三等分にたたみます。
次に、その縦長のTシャツを、長さにもよりますが、首元が中に来るように三等分か四等分に折ります。ちょうど四角くなるようにたたみましょう。

この形にすると見つけやすく取り出しやすいので、型崩れや、仕舞っている間にシワだらけになってしまったということを防ぐことが出来ます。

■こんなTシャツのたたみ方はNG

・バウムクーヘンのようにくるくる丸めてたたむ
これも縦にしまうことになるため、一見良いように見えるのですが、たとえば詰めてしまったときに変な皺がついてしまうのと、一つ取り出すと隣のロールが広がってしまいます。そしてまた次のTシャツを仕舞う時にはぎゅうぎゅうと場所を作って入れるということになり、シワや痛みの原因になります。

・小さくたたんで狭いスペースに押し込む
狭い収納を有効活用したいというのが本音かもしれませんが、オリジナルTシャツにおいてはプリント面の保護を考慮しなければなりませんので、プリント箇所を細かく折るような収納方法は、デメリットしかありません。

・柄を広く見せてお店のように綺麗に畳む。
これは、プリント部分を変形させずに収納するという観点では良いたたみ方ですが、プリント部分が他の衣類と擦れあってしまうため、平置きする際には必ずTシャツを裏返すようにしましょう。収納するTシャツが複数枚ある場合は、積み重ねるのではなく本のように立ててしまうのがオススメです。

 

Tシャツを綺麗に長持ちさせるたたみ方のまとめ

上記を踏まえ、オリジナルTシャツを長持ちさせる畳み方をおさらいしてみましょう。

・紫外線や埃をさけるため、クローゼットやタンスにしまう。
・型崩れや伸びをさけるため、長期間ハンガーにかけるのは避ける。
・プリントが傷まないよう、プリント面を裏返しにする。
・形を整えたあと、正方形にコンパクトに畳む
・取り出しやすいよう立ててしまう。

こんな感じです。
いかがでしたか?ちょっとした工夫で綺麗な状態を保つことが出来ますよ!

あ!極めつけの収納方法として
たたんだTシャツをZIPロックに入れる。

これ、最強ですよ!

Tplantブログ記事一覧に戻る

あわせて読みたい