アプリで撮ったデコ写真をオリジナルtシャツに!デコ写Tシャツの作り方

アプリで撮ったデコ写真をオリジナルtシャツに!デコ写Tシャツの作り方

アプリ写真でオリジナルTシャツを作っちゃお!

スマホアプリで撮った盛れてる写真や、加工した面白い写真でオリジナルTシャツを作ってみたい!

 

そんな風に思ったことがあるのはスタッフBだけではないはず。
スマホアプリを使えば、手間の掛かる面白い加工やデコレーションが簡単にできますからね。

個人で楽しむ範囲なら、

 

スマホで加工した写真をそのままTシャツにできたらいいな

 

って、前々から思っていたんですよ。

 

そこで今回は、スマホアプリで撮った写真から簡単にできる、オリジナルTシャツの作り方をお届けしようと調べてみました。作る時の注意点やおすすめのアプリを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

まずは、ご自身のスマホをチェックしていただきたいのですが、

 

こんなの画像をTシャツにしたら面白いかも?!

 

っとうような、オリジナルTシャツのデザインに使えそうな画像がカメラロールに眠っていませんか?

 

実はですね、はじめからTシャツを作ろうと思って写真を撮影しようとすると、どうにも構えてしまってアイデアが思い浮かばないという方は結構いらっしゃるようで……。

 

一方、SNSにアップするために撮った写真は、アプリで加工したりデコったりするのが前提で撮影しているので、肩の力が抜けて、創作意欲もモリモリ湧いてしまい、結構面白い作品に仕上がっていたりするんですよね。

 

誰しも大なり小なりクリエイティブな部分はあり、例えば家族の変顔を笑いの止まらない画像に仕上げたり、美味しかった料理にフィルターをかけてスタンプを押したりと、簡単に素敵なデコ作品が作れるのが昨今のスマホアプリ。

 

そんな切り口から、画像加工アプリでオリジナルTシャツのデザインをやってみるのも楽しいかもしれませんよ!そんな写真加工のアプリにおいては、主に

 

・盛れると評判のアプリ
・複数の写真をコラージュできるアプリ
・絵本のように加工してくれるアプリ

 

といった種類があり、簡単な操作でデザイナー顔負けの画像素材が作れるので、まずはアプリで画像加工を楽しみながら、オリジナルTシャツのデザインとなる素材を作ってみることにしましょう。

 

▼関連記事
インスタ映え必至!ペットの写真をTシャツにプリントしよう

 

スマホアプリを使ったオリジナルTシャツ制作

さて、画像加工アプリを利用してオリジナルTシャツを作る場合、幾つかの注意点や押さえておきたポイントがあるのでご紹介します。

 

最初に気をつけていただきたいのが解像度

 

スマホカメラの設定画面においても、フルHDや4Kなど解像度の選択メニューがあると思いますが、解像度が不足すると、スマホ画面ではキレイに見えていても、プリントしたときに画像がギザギザしてしまいます。

 

Tシャツにプリントすることを前提に、A4サイズくらいの大きさをプリントする場合、

 

横幅1,400~2,000pxくらいの解像度

 

がないとキレイな仕上がりになりません。

 

「そもそも解像度って何?」という方は、過去記事▼デザインを始める人が知っておきたい画像の基礎、ラスタ形式とベクタ形式の違いについてで解説しているので、そちらから先に見てください。

 

なお、スタッフBが日ごろ良く使っているメジャーなカメラアプリで撮影した場合の解像度を調べてみました。ちなみに端末はApple iPhone11です。

 

・SNOWとUlike
解像度:2,880 x 2,160px

盛れることで大人気のアプリ。
この2つのアプリと「SODA」、「Meitu」あたりが人気の画像加工アプリの定番かもしれません。

画質も相当進化してるみたいですね!

 

・LINEカメラ
解像度:3,024 x 4,032px

こちらも有名なアプリですね。文字の再編集ができないのはネックですが、かなり色々なことができます!これくらいの解像度があれば、Tシャツ正面や背中の大判プリントくらいまでなら大丈夫そう。また、

 

SNSなどにアップした写真で加工画像を作る際も解像度の確認はお忘れなく!

 

例えばインスタグラムであれば、解像度は横1,440pxなので、A4くらいの大判プリントも大丈夫でしょう。ギザギザした画像だと、せっかくのオリジナルTシャツも残念な仕上がりになってしまいます。

 

なお、ここで紹介したアプリの解像度は、ご使用の端末、OS、アプリのバージョンや設定などによって解像度が異なる場合もありますので、お使いの端末の設定等をご確認ください。

 

▼関連記事
結婚祝いに喜ばれる?!ペアで作るオリジナルTシャツ

 

“盛り”を極める背景透過技とデコ技テクニック

続いては、アプリを活用して元画像をデコレーションする定番テクニックをご紹介します。

 

スマホで撮影した写真の多くは、「人物+背景」という構図が多い傾向にありますが、この背景を消すことで別の背景と組み合わせたり、他の画像を重ねたりと自由にアレンジすることができるようになります。バラバラの素材を組み合わせてコラージュ画像を作れば、それまで自然な人物+風景だった写真が、

 

コミカルでユニークなデザイン写真に生まれ変わります!

 

スマホアプリを使ってオリジナルTシャツを作る際は、ぜひ取り入れていただきたいテクニックの1つです。なお、フォトショップなどを使ったプロの技には適わないかもしれませんが、かんたん気軽にトライできるアプリが色々出ているので幾つかご紹介します。

 

≪スマホで直感的に操作できる切り抜きアプリ≫
・iphone版

・Android版

こちらは、スタッフBでもすぐに使えてしまう簡単さ。
この他にも色々な切り抜きアプリが出ているので、ご自身の操作感にあったものを探してみてくださいね!また、アプリではありませんがスマホから画像をアップして加工できるウェブサービスもあります。

 

≪高クオリティでAIが切り抜いてくれるウェブサイト≫
removebg
※高画質ダウンロードには登録が必要です。

なお、アプリ画像で作ったオリジナル画像をさらにデコるのも楽しいですよ。特にオススメなのが、ラインストーンやラメパウダーなど。加工しまくった写真の質感と相まって、この世に一枚だけのオシャレなTシャツが作れますよ!

 

いかがでしたでしょうか?
便利な画像加工アプリは他にもたくさんありますので、自分にとって使いやすいアプリでデコ写真を作って、オリジナルTシャツにデザインにしてみましょう!

 

▼関連記事
DIYをサポート!業者を使ったオリジナルTシャツの作り方ガイド

 

Tplantブログ記事一覧に戻る

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る