ネット動画配信者に見るオシャレなアピールTシャツの演出方法

動画チャンネルの認知拡大に威力を発揮するアピールTシャツ

近年、急速にその存在感を高めている動画配信サイト。
個人でもスマホで簡単に動画が取れる時代ですから、当然その動画をみんなと共有したくなりますし、メディアとしての情報発信力は、

 

すでにテレビなどのマスコミを越えている

 

と言っても過言ではありません。

 

そんな動画配信サイトとして高い認知を誇っているのが言わずとしれたYoutubeで、閲覧者数もさることながら、動画の配信者も日増しに増えつつあり、すでに「ないジャンルはない」というくらい、動画ジャンルの裾野は広がっています。

 

もちろん、動画を作成している配信者サイドとしても「労力を掛けて動画を作ってるのだから多くの人に観てもらいたい!」というのが本音ですが、当然

 

同じテーマで動画配信を行っているライバル達も多く存在

 

していますので、なかなか閲覧数が増やせなかったり、チャンネル登録者数を増やすことができなかったりと悩みも多いようです。もちろん、動画配信サイトという趣旨からも、ユーザーは自分に参考となる動画を観に来ているわけですので、

 

配信する動画そのものの内容が重要

 

であることは言うまでもありませんが、なかには「動画の内容はとても参考になるのにチャンネル登録者数が少ない」といった配信者がいるのも実情。登録者数に関係なく、自身のペースで更新したいという配信者もおりますので、一概に言いにくい部分もありますが、やっぱりこれだけ競合の配信者が増えてしまうと

 

動画を観てもらうためにも一定のプロモーションは必要

 

ということになりますので、自身のチャンネルをしっかりとブランディングしてことも考慮しなければなりません。そこで今回は、そんな動画配信者のブランディングの一環として用いられている

 

自身のチャンネルを訴求するアピーツTシャツ

 

についてご紹介していきます。

 

自身のチャンネルの認知拡大はもちろん、視聴者さんにも「欲しい」と思ってもらえるようなTシャツデザイン、そして動画チャンネルとリンクさせたデザインの作り方など、動画プロモーションも兼ね備えたオリジナルTシャツの魅力やメリットについて取り上げていきます。

 

▼関連記事
鹿児島と言えば黒豚?!オリジナルTシャツで名産品のプロモーション!

 

視聴者さんから「欲しい」と思わせるさりげない演出がポイント

自身の動画チャンネルの認知拡大については、話題性のあるトピックを取り上げたり、他の配信者とのコラボレーションなどがありますが、やはりブランディングという観点では、

 

視聴者さんの潜在意識に残るようなメッセージ性が必要

 

であることは言うまでもありません。

 

そのほかにも、動画チャンネル名やチャンネルロゴ、動画のイントロムービーなど、様々な観点での工夫が必要ですが、特に配信者自身が頻繁に登場するような動画内容であれば、その配信者自身が広告塔であるという点を再認識しておく必要があります。

 

そういう意味でも、自身の動画チャンネルのデザインを施したオリジナルTシャツは

 

特に効果が高いブランディングツール

 

であることは明らかで、知名度の高いトップYoutuberのような動画配信者の多くが、自身のオリジナルTシャツを作成して動画に登場している点からもお分かり頂けるのではないかと思います。

 

動画配信においては、どの配信者の人柄やひととなりが重要であり、性格的な部分ももちろんですが、配信者が身に着けている服やアクセサリー、化粧からその日の体調まで、視聴者さんは細かな部分まで観ていますので、敢えてオリジナルTシャツを作ったことをアピールしなくても、

 

視聴者さんから「欲しい」と言ってもらえることが重要

 

もちろんオリジナルTシャツの販売を前提としている場合でも、まずはブランディングを確立させてから、「要望を多く頂いているので販売する」という形を取る方が自然な流れと言えます。

 

販売ありきの訴求はブランディングとは相反する形

 

となってしまい、視聴者さんとしても抵抗を感じてしまう部分ではありますので、自身で作成した動画チャンネルに即したデザイン性のオリジナルTシャツを着用して動画にと出演し、視聴者さんの反応や率直な意見に耳を傾けるようにしましょう。

 

▼関連記事
初心者でも簡単?!オリジナルTシャツにおけるデザイン作成のコツ

 

チャンネルロゴやイントロムービーとシンクロさせる

上記でもご紹介したように、ブランディングの基本はチャンネル名のネーミングであったり、配信者のキャラクターであったり、ロゴマークであったりと多岐に渡りますが、言うまでもなく動画に登場するロゴやデザインと、

 

オリジナルTシャツに施されるデザインを統一する必要がある

 

ことは言うまでもありません。

 

Youtubeであれば、チャンネルトップのチャンネルアートの画像やプロフィールロゴ、動画内で用いるイントロやアウトロ部分にも積極的にロゴやキャラクターを配置する必要があります。また、この部分にフリー素材などを使ってしまうと、他の配信者と被ってしまう可能性もありますので、多少コストが掛かったとしてもオリジナルのデザインを作成するのが効果的!

 

ここで少し、トップYoutuberのオリジナルTシャツを使ったブランディングをご紹介しちゃいます。

 

≪東海オンエア≫

チャンネル登録者数500万人超を誇る「東海オンエア」のマスコット「ピースの二乗のあいつ」のデザインをあしらったオリジナルTシャツ。その他にもたくさんのデザインのオリジナルTシャツを作成していますが、すべてに「ピースの二乗のあいつ」のマスコットが採用されており、ブランディングとして統一されています。

 

≪グッズ紹介Youtube動画≫

 

≪きまぐれクック≫

チャンネル登録者数350万人超を誇る料理系Youtuber「きまぐれクックKimagure Cook」。
動画内でのキメ台詞でもある「銀色のやつ」は、視聴者さんの潜在意識に植え付けられるほどインパクトも強烈。そんなキャッチコピーでもある「銀色」をオリジナルTシャツとして

≪Youtubeチャンネル≫
https://www.youtube.com/channel/UCaak9sggUeIBPOd8iK_BXcQ

 

いかがでしたでしょうか?
動画のロゴやキャッチコピーをデザインとして施したオリジナルTシャツは、

 

その配信者の象徴としてブランディングされていきます

 

アピーツ方法としてはとてもシンプルではありますが、統一感を持たせることで「ロゴデザイン=配信者」のイメージが定着してきますので、それまでには多少の時間は要するかもしれませんが、ブレずに続けていくことが大切だということを覚えておくと良いでしょう。

 

▼関連記事
かっこいいオリジナルTシャツは爽快感や躍動感を表現する?!

 

Tplantブログ記事一覧に戻る

投稿を作成しました 102

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る