雪山でヨガをする女性

寒い冬でも冷え知らず!冬ヨガのおすすめコーデ術

Staff B / 2023年11月30日

冬のヨガに最適な服装選び


免疫力アップや基礎代謝の向上など期待できるヨガ。

風邪やインフルエンザなどを予防のためにヨガを始める人も少なくありませんが、寒い季節になると


レッスン中や瞑想中に体の冷えを感じてしまう


ことも少なくありません。


空調設備が整っているスタジオの場合でも、早朝や夜遅い時間帯だとどうしても冷え込んでしまうことがあるため、何かしら寒さ対策が必要となります。とはいっても、寒いからといって


厚着すると動きにくくなってしまいがち…。


リラックスどころか、逆にストレスを感じてしまうかもしれませんので、着込み過ぎや厚手のアイテムはNG。どのような服装にするべきか悩ましいものですが、


冬のヨガは、簡単に重ね着できるものがおすすめです。


肩周りが寒く感じる場合には、その場で羽織れるパーカーやボレロなど長そでがあると便利ですし、足元が冷える場合には足首を温めるレッグウォーマーや滑り止めつきのヨガ用靴下などを取り入れるとよいでしょう。


また、ヨガウェアは吸収性・速乾性に優れているナイロンなどの素材が多いのですが、ひんやり冷たく感じやすいため、


ひんやり感が少ないものや起毛素材のもの


を着用するとよいでしょう。


このような工夫をすることで寒さを感じにくくすることはできるので、今回はそんな冬ヨガを快適に行うためのおすすめアイテムとコーディネートについてお伝えします。



▼関連記事

ヨガウェアを日常着に!おしゃれなヨガウェアで快適な暮らしを



冬ヨガにおすすめの防寒アイテム


ここでは冬ヨガにおすすめのウェアやアイテムを紹介します。

ヨガで温めた体を冷やさないような、温かさを保てる服装を心がけましょう。



長袖トップス

ヨガにはいくつかの種類がありますが、リラックス系の動きの少ないヨガで、汗をかくことがない場合には長そでのトップスがおすすめです。ヨガ用の長そでとして販売されているものには、腰回りにギャザーが入ったものや後ろが結べるようになっているものもありますが、動きに邪魔にならないようなタイプであれば、スウェット素材のトレーナーなど何でもOK!


羽織もののアイテム

冬のヨガでもレッスンが進むにつれて汗ばんでいくことでしょう。ジップアップパーカーやボレロ、カーディガンなどの羽織もののアイテムであれば、レッスン中でも簡単に着脱しやすいので、長袖トップスではなく、羽織ものを用意すると安心です。


なお、ちょっと厚くなってきたけど、いつ脱ごう…?といったように考えてしまうとヨガに集中できなくなってしまいますので、あらかじめ着脱するタイミングを決めておくとよいでしょう。


長めの丈のボトムス

足首が冷えてしまうと血流が悪くなってしまうため、レギンスなどのボトムスは足首まである長めの丈のものや、裾がゴムやリブになっているジョガーパンツなどを選びましょう。7部丈くらいのボトムスの場合には、ヨガソックスやレッグウォーマーを用意するのもおすすめです。


ヨガソックス・レッグウォーマー

床暖房設備が整っているスタジオもありますが、足元の冷えを感じやすいタイプであれば、靴下の足裏に滑り止めがついたヨガソックスやレッグウォーマーを着用するとよいでしょう。足首には冷えに関するツボが4つもあるため、4つのツボを温めることで全身の血行を促してくれます。


ネックウォーマー

首を温めることは全身の血行を促すことになります。そのため、少し肌寒いなと感じる場合には、ネックウォーマーをしたままでヨガを行うことをおすすめします。ニットやボアなどの防寒仕様なものではなく、シルクやコットンなど夏でも使用できる薄手のタイプがよいでしょう。



▼関連記事

ヨガウェアの三種の神器!ヨガレギンス・ヨガドレープ・ブラトップのオシャレコーデ



冬のヨガウェアコーデ実例

では、実際に冬ヨガウェアのコーディネート実例を紹介します。

どんなコーディネートがいいのか迷ってしまうかと思いますが、冷え対策の際には実例をぜひ参考にしてみてくださいね。


タンクトップ × アウター× レギンス


着脱しやすいようにカーディガンを合わせたコーディネートです。

カーディガンの前身ごろの裾を結んでウエスト周りがすっきりとスタイルですが、レッスン前後なら結ばずに羽織っておくだけでもよいですね。



長袖トップス × レギンス


無地の長袖トップスに花柄のレギンスのシンプルなコーディネートです。

柄レギンスは華やかな印象になるので、簡単におしゃれに見せてくれます。


長袖トップス × ショートパンツ × レギンス


腰回りの冷えにおすすめなのが、ショートパンツとレギンスの組み合わせ。

レギンス一枚だと寒さを感じる場合には、腰回りをすっぽり包んでくれるショートパンツを履くことで冷えを感じにくくなります。



ノースリーブ × レギンス × レッグウォーマー


とにかく足元だけが冷える!といった場合にはレッグウォーマーがおすすめ。

オレンジとグレー、ブラックのメリハリの効いた華やかな印象に仕上がっています。



こちらのような全身グレーで合わせたヨガウェアであれば、レッグウォーマーの色だけカラフルなものにすることで、単調になりがちなヨガウェアで配色を楽しむことができます。



いかがでしたか。

今回はヨガレッスン時の冷え対策に関するアイテムやコーディネート実例を紹介しましたが、あえて冬用のヨガウェアを用意してしまうという手もあります。また、どうしても寒さが苦手な場合にはホットヨガや岩盤ヨガを試してみるのもよいでしょう。


なお、ヨガスタジオでは温度調節をしてくれますが、体で感じる温度は人それぞれ異なるものなので、自分が快適にヨガを楽しめるコーディネートに仕上げていってくださいね。


▼関連記事

ロング丈Tシャツがおすすめ!体型カバーに効果的なヨガウェアとは

Tplant
Tプラントは誰でも簡単にオリジナルTシャツが作成できるWebサービスです。
Tシャツ、パーカー、トートバッグなど、様々なウェアやグッズにオリジナルのデザインをプリントします。
Staff B
Staff B

オシャレとお酒に目がない意識高い系アラフォー女子。人一倍こだわりが強く妥協が許せない性格。お給料の大半を洋服やコスメといったドレスアップに浪費するも、最近は着飾って出掛けるところがないのが最大の悩み。リモートワークを邪魔してくる愛猫との縄張り争いが耐えない毎日を過ごす。