最初は何から買い揃えるべき?!ヨガ初心者のためのウェア選びについて

Photo by Carl Barcelo on Unsplash

 

ヨガウェアは必須?ヨガの服装について

 

運動不足でちょっと太ってきちゃっから、ダイエット目的でヨガを始めてみようかなーっというように、年々増え続けている、ヨガスタジオとヨガ人口。

 

ヨガの基本となる呼吸法は心を落ち着かせる精神的な効果があり、ヨガのポーズは全身を効果的に刺激するため、ダイエットはもちろん、健康増進、回復能力というように、健康的な生活を送るためにヨガをはじめる人も多いようです。オンラインレッスンを行っているスタジオも多く、自宅で気軽に行えるもの人気のひとつなのかもしれませんね。

 

ですが、初めてヨガを習う時に悩みがちなのが、そう服装!

 

体験レッスンなど、初めてヨガを習う時には「ヨガウェア、もしくは動きやすい服装」と言われることが多いのですが、

 

最初からヨガウェアを揃えなくてはいけないのか?

 

と服装選びに悩んでしまいがち。

 

これからヨガを始めようとする未経験者からすると、「動きやすい服装なら何でもOK」と言われても、結局あれこれ購入してしまう人が多いのが実情。実際にヨガで体を動かす時は、
スポーツブラ&レギンスの組み合わせだったり、Tシャツとパンツの組み合わせだったりと

 

ストレッチ素材で伸縮性があり動きやすい手持ち服

 

でOKなのです。

 

最初からあれこれ買い揃えて結局続かなかった・・・ということもあり得ますので、はじめのうちはできる限り出費を抑えた方が無難と言えるかもしれません。

 

とは言っても、ヨガに向かない服装もありますので、どんなものが良いのかお悩みの皆さんに向けて、今回はヨガ初心者に向けたヨガの服装選びについてお伝えしていきます。

 

▼関連記事
「Tシャツ前だけin」のオシャレな着こなしと定番コーデアイテム

 

手持ち服でも大丈夫!ヨガに向く服装選びのコツ

 

ここではヨガをする際に気をつけておきたい服装選びのコツをお伝えします。あまりスポーツをすることがなく、トレーニングウェアを持っていない人でも

 

・Tシャツ・タンクトップ
・スポブラやトップ
・レギンス
・ショートパンツ
・スウェットパンツ

 

などをお持ちなのではないでしょうか。
下記のポイントをチャックして、ヨガウェアの代用品となるものを探してみましょう。

 

1、伸縮性のある素材

 


ヨガの服装選びでもっとも重要なのが伸縮性!体を伸ばしたりひねったり、逆さまのポーズをとったりするため、収縮性がない素材のものをチョイスしてしまうと、肩周りの動きがスムーズに行えなかったり、あぐらがかきにくかったりするものです。肩・腰・膝など、体の動きに合わせて伸び縮みする素材のものを選びましょう。

 

2、濡れても乾きやすい素材

 


ホットヨガはもちろんのこと、ヨガでは普段使わない筋肉にアプローチするため、したたり落ちるほど発汗する場合もあります。汗で濡れた服装のままでいると汗冷えを起こしやすいため、汗をすばやく吸収して、すばやく発散する「吸汗速乾」のポリエステル素材がおすすめです。吸汗速乾については「▼まだまだ続く暑さは吸汗速乾のクールTシャツで乗り切ろう!」を参考にしてみてください。

 

3、胸元が開かないトップス

 


ヨガの種類によって違いはありますが、ヨガでは前屈をしたり、寝転んだりと様々なポーズをとります。そのため、ゆったりしたトップスの場合には胸元が見えてしまいますので、胸元が開かない体にフィットしたものがよいでしょう。

 

▼関連記事
へそ出しTシャツに映える!シンプルデザインのオリジナルTシャツ

 

これはダメ!服装選びのNGポイント

 

服装選びのコツをお伝えしてきましたが、ここではヨガに向かない服装をご紹介します。動きにくい服装はNGであることはもちろん、他の生徒さんの目が気になってしまってはヨガに集中できなくなってしまいますので、快適にヨガを行うために最適な服装を選びましょう。

 

1、裾がめくれやすい、ルーズすぎるTシャツやパンツ

 


逆転系のポーズや下向きの犬のポーズの場合、トップスが顔にかかり呼吸しにくくなったり、お腹や背中・足が丸見えになったりしやすいです。そのため、ふんわりしすぎたトップスは控え、パンツはハイウェスト気味で裾がタイトなものがおすすめです。

 

2、フードがついている

 


フード付きのパーカーをトップスの上に羽織る人もいらっしゃいますが、寝転んだポーズや逆さまのポーズの場合には邪魔になってしまいます。首は動かしにくく、可動域が狭まってしまいますので、ストレッチ効果が半減してしまうことも。
3、汗じみが目立ちやすい色

 


普段からあまり汗をかかない人でも、ヨガをすることにより発汗効果が高まることもあります。そのため、グレーや明るいカラーのTシャツは汗ジミが目立ちやすいので、汗をかいても目立たない白や、汗に濡れても変わらないハッキリとした濃い色を選びましょう。

 

4、コットンTシャツ・タンクトップ

 


手持ちのTシャツやタンクトップでありがちなのが、綿素材のもの。ゆったりしたサイズでないものなら大丈夫かと思いがちですが、一般的な綿素材は汗を吸収しやすく乾きにくいため、動きにくく、汗冷えも起こしやすいのです。ですので、手持ちの綿素材のアイテムで済まそうと思っているなら、綿素材でも速乾性のものを選びましょう。

 

いかがでしたか。
ヨガを始めるにあたってヨガウェアを揃える必要はありませんが、「動きやすい服装」といっても、ヨガに向く服装・向かない服装はあるものです。まずは手持ちの服装でヨガを楽しんでみてくださいね。そして、本格的にヨガを続けていこうと思ったら、憧れのヨガウェアを手に入れてみましょう!

 

もちろん、ヨガウェアはオシャレなデザインが多いため、ウェアを着ることによってモチベーションが上がったり、ヨガの楽しみのひとつになったりしますので、初心者でもヨガウェアの購入をおすすめいたします。

 

速乾性に優れたドライTシャツ商品一覧

オシャレとお酒に目がない意識高い系アラフォー女子。人一倍こだわりが強く妥協が許せない性格。お給料の大半を洋服やコスメといったドレスアップに浪費するも、最近は着飾って出掛けるところがないのが最大の悩み。リモートワークを邪魔してくる愛猫との縄張り争いが耐えない毎日を過ごす。
投稿を作成しました 164

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る