アクリル絵の具で自作Tシャツを作るテクニックのご紹介

絵具といえば、学校の授業で使っていた水彩絵の具のイメージが強いかもしれませんが、今日ご紹介するのはアクリル絵の具を使った自作tシャツを作るテクニックです。

アクリル絵の具はDIY好きの必須アイテムといわれるほど、とても便利な絵の具なんですよ。

アクリル絵の具は水彩絵の具のように水で薄めて透明感のあるグラデーションもできるし、油絵の具のように塗り重ねることもできる。そしてさらには耐水性にも優れているんです。

この耐水性はちょっとした工夫でさらに強くなり、洗濯ができるようになるのをご存知ですか?

洗濯ができる!

ということは、Tシャツにイラストを自由に描けるのです!

イラストを描くことが得意な方はもちろん、落書きしかできないという方も、ぜひ自作Tシャツ作りにチャレンジしてもらいたいものです。ここではアクリル絵の具で作る自作Tシャツ、そのテクニックに迫ります。

 

表現の幅が広がる「メディウム」を使ったテクニック

メディウムとは?!

ずいぶんと聞きなれない言葉が出てきましたが、メディウムとはアクリル絵の具の性質を変化させる溶剤のことで、つやつやにしたり、透明感を増したり、速く乾燥させるための補助剤のようなものです。

このメディウムには布用のファブリックメディウムというのがあり、アクリル絵の具に柔軟性を持たせ、布への定着力を強め、洗濯しても色落ちしにくくするのです。アクリル絵の具はもともと耐水性があるのでファブリックメディウムを使用しなくてもいいのですが、洗濯を繰り返しているうちにヒビ割れなどが起きてしまう場合も・・・

このファブリックメディウムを使えば、何度洗濯してもある程度プリント面の状態は維持してくれるので、自分でアクリル絵の具を使ってオリジナルTシャツを作るなら、必須のアイテムと言っても過言ではありません。

ちなみに、価格も千円弱とそう高いものではないので、画材屋やクラフトショップでアクリル絵の具を買う時に一緒に購入しましょう。

≪ファブリックメディウムの使い方≫

お好きなアクリル絵の具とそれと同量から二倍程度のメディウムを混ぜるだけ。
あとはデザインを描くだけなのでとても簡単ですね。

あ、パレットは、紙パレットや要らない紙を使うようにしてくださいね。
水彩絵の具用のパレットだと乾いたアクリル絵の具が落ちず、なんだか汚いことに……。また、筆も乾かないうちに水で洗いましょう。

なお、裏技として、さらに絵の具の定着がよくなり耐水性が増すように、描き終ったTシャツは完全に乾かし、当て布をしてアイロンをかけましょう。

 

自作でもそれなりのデザインに見せるテクニック

自作でもそれなりのデザインに見えてしまうテクニックの一つとして

使う色を絞る

という方法があります。

・複数の色を使いたくても2色か3色に限定しましょう
・描きたいものを何でも描いてみましょう
・絵心のない方は太い絵筆を選びましょう
・簡単なものを描いてみましょう

何も思いつかない!!という場合、○でも△でもいいんです。
自信を持って描いてみましょう!下手でも意外とかっこよくなります。

○や△すら無理!という場合は、筆を大胆に下すだけでもいいです。
画伯になったつもりで大胆にやりましょう。絵の具を混ぜずに使ってもいいですし、2色をちょい混ぜして使う部分があってもいいでしょう。

どうですか?
前衛絵画のような大胆なペインティングが出来たのでは?
太い筆って偉大ですね。

 

落書きをそれっぽいデザインがクール

先ほどの前衛絵画のままのTシャツでももちろんいいのですが、「何それ、落書き?」などという空気を読めないことを言ってくる無粋な人がいるやもしれません。

そこで、どんな落書きもそれっぽいデザインになるテクニックをお伝えします。

それはステンシルと落書きの融合!

ステンシルとは型抜きの、穴の空いた部分だけに絵の具や染料で色付けする、誰でも決まった模様が描けるという代物。

英字をステンシルするだけで、デザインがぐっとまとまるんです。
あなたの名前でもいいですし、スローガンでもなんでも、文字をステンシルしましょう。もちろん、英語じゃなくてもOK。お好きな言語にしてくださいね。

絵の具の色は、模様を描くのに使った色の中で脇役だった一色を選びましょう。

ステンシルについては過去記事「超簡単!100均アイテムでオリジナルtシャツが作れるんです!!」でもお伝えしましたが、びっくりするほど簡単に出来ますよー。

≪アクリル絵の具とステンシルシートを使ったTシャツの作り方≫

1、使いたいステンシルシートをTシャツにおいてテープで仮止めしておきます。

2、筆にアクリル絵の具とメディウムを混ぜたものを含ませて、叩くように塗ります。
この時、絵の具がステンシルシートの下に入り込まないように、ステンシルの
シートの上の外側から生地の内側に向かって筆を動かすようにしましょう。

3、描き終わったら、乾ききる前にステンシルシートを丁寧に外します。
乾いてしまってから外すと絵の具が剥がれたりしますので注意しましょう。

これでできあがり!
とっても簡単ですよね。

初めからでき合いの模様であるステンシルを使って、Tシャツに模様を描いてもいいんですが、せっかくのアクリル絵の具ですから自由に筆を動かしてほしいものですね。

お子様のいる方なら

「Tシャツに落書きしていいよー」

と遊びながら作っても楽しめます。お子様の落書きと英字のステンシルを入れれば、素敵なおしゃれTシャツのでき上がり!

いかがでしたでしょうか?

暑い夏も終わり、いよいよ芸術の秋
着てないTシャツをキャンパスにして、大作を描き上げてみませんか?

自作の超大作TシャツをSNSに上げたら評判になり「あなたのイラストのTシャツが欲しい」と言うファンが現れるかも。何人も現れた場合には、Tplantがきっとお役に立てますのでご用命ください!

 

■Tplantおすすめ商品

・45色展開の高品質でありながら低価格な長持ちTシャツ。
5001-01 5.6オンス ハイクォリティーTシャツ

・伸縮性に優れ、型くずれしにくいコストパフォーマンスの高いドライTシャツ。
00350-AIT 3.5オンス インターロックドライTシャツ

 

▼TplantのTシャツ一覧はこちら

Tplantブログ記事一覧に戻る

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る