白か黒かになってしまう•Tシャツの色選びのポイントとカラー別コーデ

白か黒かになってしまう•Tシャツの色選びのポイントとカラー別コーデ

好みの色は体験・感情と結びついている?!

季節の変わり目になり、そろそろ衣替えをしようかなと、自分のクローゼットを開けて整理してみると…

 

ん?!気づいたら同じ色ばっかり!

 

なんてこと、ないですか??

 

実際、本人はあまり自覚がないものの、スタッフBはどうも白を手に取ることが多いようで、クローゼットには白エリアがあるほど、トップスの色の定番は白です。

 

服を買う時にはやっぱり

 

“何にでも合わせやすいもの”
“使いやすいもの”

 

を選びがちになるため、どうしても白や黒が多くなりがちになってしまうことが多いようです。

 

でも、白と黒はコーデが決まりやすいという以外にも、それらを手に取りやすくしている要因が何かあるのでは…?そこで今回は、白か黒かになってしまいがちのTシャツの色選びのポイントとカラー別コーデをご紹介していきます。

 

さて、そもそも自分の好みの色、というのはどうやって決まるんでしょうか?
私たちの脳には色を認識する”扁桃体”という部分があり、そこで色そのものを処理しています。

 

「赤いもの=暖かそう」
「青いもの=冷たそう」

 

といったように、その色に対して印象付けを行い、さらに

 

「危険そう=嫌い」
「安心する=好き」

 

といったように、“好み”という感情も併せて紐づけされていくんだそうです。

 

さらに、色の好みは体験によっても変化するそうですよ!
着ていた服を褒められた経験からその服の色を好きになったり、身近な人が好きな色を自分も好きになったりするように、人は何度も見たものや触れたもの、経験した物事などを好きになる習性があるようです。

 

このようにして好みの色は決まっていくようですが、好みの色は違ってもTシャツとなるとどうしても白か黒を選んでしまうなら、これから紹介するTシャツの色選びのポイントと色別のTシャツコーディネートをご溶解しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

▼関連記事
ロールアップ袖が映える!ビッグシルエットシャツの定番着こなし術

 

Tシャツの色選びのポイント

Tシャツといえば白や黒を選んでしまう方も少なくありませんが、Tシャツのデザインによって、これは白がいい!黒がいい!ということもあるので、

 

もちろん気に入ったものは白や黒を選ぶのも◎!

 

ただ、どっちにしようかなーと思ったときに、たまには今までに選んだことのない色にトライするのも良いかもしれません!

 

先ほどお伝えした通り、

 

とにかくこの色好き、という感情で色を選ぶのももちろんOK!

 

好きな色を身にまとうと、テンションもUPすること間違いありません。

 

あとは、「この色、似合うよ!」と言われたものは、相手から見た印象として良いということなので、

 

周りの人からのアドバイスで選ぶもよし!

 

その他、自分の肌や瞳の色、髪色などにマッチする色、

 

“自分に似合う色”

 

を選んでみるのも一つかもしれません。
ここでは、似合う色のタイプを四季にたとえて4種に分類する「パーソナルカラー」を簡単にご紹介します!

 

人それぞれ肌や髪の色が違うように、似合う色もそれぞれ違うもの。
色相・彩度・明度を軸に、「春・夏・秋・冬」の4つのタイプに分かれます。

 

 

●春タイプの人の特徴
・活発でキュート、若々しい印象
・瞳、髪の色がやわらかなブラウン系
・肌色は健康的なアイボリー

<似合う色>
・彩度の高い鮮やかな色
・オレンジやイエローなどのビタミンカラー、朱赤、コーラルピンクなど
・ベースカラーはアイボリー、キャメル、ウォームグレーなど

 

●夏タイプの人の特徴
・ソフトな印象、上品でしっとりとした雰囲気
・肌が薄く、きめ細かい、色白で頬はほんのりピンク
・瞳はソフトな黒
・髪質は細くて柔らかく、色はグレーよりの黒

<似合う色>
・優しいパステルカラー
・水色、ラベンダー、明るいネイビー、ミントグリーン、オフホワイト、ベビーピンクなど爽やかで涼しげな色
・スモーキーカラー

 

●秋タイプの人の特徴
・落ち着いていてシックな印象、大人っぽく凛とした雰囲気
・張りのあるつや肌、瞳は深みのある濃い色
・ボリュームのあるナチュラルな髪
<似合う色>
・低彩度、低明度深みのある色
・マスタードやレンガ色などのこっくりとした暖色系、深みのあるオレンジやイエロー、グリーンやサーモンピンク
・ベースカラーはベージュ、ブラウン、カーキ、キャメルなど

 

●冬タイプの人の特徴
・シャープな雰囲気、洗練されたモード系の雰囲気
・瞳の色は深く白目と黒目のコントラストがはっきりしている、肌は青みかかった白
・コシがあって艶やかな黒髪

<似合う色>
・赤やエメラルドグリーン、ロイヤルブルーなどパキッとした鮮やかな色
・ベースカラーはミッドナイトネイビー、スノーホワイト、ブラック、チャコールグレーなど
・ビビッド系カラー

 

ご自身がどのタイプかを当てはめてみて、Tシャツの色選びを楽しんでみるのも良いですね!

 

このようにパーソナルカラーのタイプによって、似合う色が異なります。インターネットで「パーソナルカラー診断」と検索すると、パーソナルカラーを診断してくれるツールがあるので、自分のタイプと似合う色を把握して、ぜひ白や黒ではないカラーTシャツを選んでみましょう。

 

▼関連記事
色見本で比較するボディ色とプリントカラーの組み合わせ(2色プリント編)

 

Tシャツカラー別コーデ

この色のTシャツには何色が合うだろう…?
白と黒とのコーデ以外の色で、具体的なカラー別にコーデをちょっぴりご紹介します♪

 

《ネイビー×赤》

写真はトップスがネイビーですが、逆にしてトップスに赤を持ってくるとまた雰囲気が変わり、若々しい印象もプラス!

 

《黄色×グレー》

黄色をグレーとのコンビにしてあげることで、黄色が良い具合に引き立ちます!
キレイにまとまるところも◎!

 

《ブルー×ブラウン》

ブルーに茶系というのは、新鮮に映ります!オシャレ上級者感UP!

 

《ピンク×ブルー》

こちらもファッション上級者のコーディネート!
ピンクのプリントTシャツをきれいめのブルーのパンツを組み合わせちゃうなんておしゃれとしか言いようがないですね!

 

いかがでしたでしょうか?
白と黒も絶対的に可愛いですが、それ以外の色のコーデを考えてみると、「意外とこの色似合うんだ!」とか、「この色とこの色ってマッチするんだ!」など色々な発見があって面白いかもしれませんね!

 

▼関連記事
キュートカジュアルなショート丈Tシャツワンピの着こなしコーデ例

オシャレとお酒に目がない意識高い系アラフォー女子。人一倍こだわりが強く妥協が許せない性格。お給料の大半を洋服やコスメといったドレスアップに浪費するも、最近は着飾って出掛けるところがないのが最大の悩み。リモートワークを邪魔してくる愛猫との縄張り争いが耐えない毎日を過ごす。
投稿を作成しました 149

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る