生乾き臭を防ぐ!梅雨シーズンの洗濯と部屋干しテク

梅雨時期の洗濯物は臭くなりがち?!生乾き臭の原因は?

今年もとうとう梅雨シーズンの到来です。
夏の楽しみの前のちょっと憂鬱なこのシーズンは、カラっと晴れることが少なく、雨が降り、湿度が高くてジメジメ…。そのため、

 

洗濯物は乾きにくく、嫌なニオイが発生しやすい

 

ものですが、みなさん梅雨シーズンの洗濯方法は何か工夫をしていますか?

 

・乾燥機を使う
・漂白剤を使う
・扇風機を使う 
などなど

 

みなさん様々な工夫をされているかと思いますが、それでも発生してしまうことのある、あの嫌なニオイ…。部屋干し時になりやすい、雑巾のようななんとも言えない独特な生乾き臭の原因のひとつは

 

「モラクセラ菌」という微生物のフンなのです。

 

モラクセラ菌とはヒトや動物の口や鼻の粘膜における常在菌であり、水分の多い状態を好みます。また、衣類に残っている汚れや水分をエサにして繁殖し、雑巾のようなニオイを発するフンをするのです。

 

通常の洗濯では死滅せず、乾燥や紫外線に強いので、衣類に付着した場合は外に干しても一部は残存し続けてしまうほど、とても厄介なモラクセラ菌。

 

ですが、洗濯方法さえひと工夫すればモラクセラ菌のあのニオイが撃退することが可能なのです!そこで今回は、梅雨時期の生乾き臭を感じさせない洗濯方法と部屋干しのテクニックをご紹介します。

 

▼関連記事
オリジナルTシャツの洗濯方法と干し方テクニック

 

短時間乾燥がポイント!生乾き臭を抑える乾燥テクニック

では実際に、通常の洗濯では死滅しないモラクセラ菌の増殖とフンを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

 

答えはとってもシンプル!
モラクセラ菌は水分がある所で増殖するため、乾燥時間を短縮することがポイントなのです。モラクセラ菌が増殖し、ニオイを発するタイミングは5時間前後とされているので、

 

5時間以内に洗濯物を乾かすだけ

 

なのです。
とは言え、梅雨シーズンの場合にはどうしても部屋干しになってしまうため、一晩干しても乾かないことがほとんどですが、干す場所と干し方を工夫することで5時間以内に乾かすことができるのです。

 

洗濯物が乾く条件は、衣類の素材や構造により異なりますが

 

・湿度
・温度
・風の通りやすさ

 

の3つがポイントとなります。

 

乾燥させるには湿度が重要。空気中の水分が少なくなれば、洗濯物の水分も蒸発しやすくなるので、除湿器やエアコンのドライ(除湿)運転などを活用すると良いでしょう。
室温が低いと洗濯物の乾きは遅くなりますので、エアコンの温度設定は27℃、湿度は湿度50%以下になるよう調節するのがおすすめ。

 

また、室内の風を通りやすさも大切なので、部屋の空気が動きやすい部屋の中心、なるべく天井に高い位置に干すことで乾燥した空気に洗濯物をあてることができます。エアコンや除湿機の他に、今や部屋干しの定番アイテムである扇風機やサーキュレーターの活用もお忘れなく。

 

なお、より早く乾燥させるためには

 

・脱水後に乾いたバスタオルを入れて、さらに5分脱水する
・表面積を最大にして干す
・洗濯物を干す間隔をあける

 

を心がけるとよいでしょう。
ちょっとした工夫で部屋干しの乾燥時間をグッと縮めることができるので、ぜひ試してくださいね。

 

▼関連記事
ニオイが取れない?!ポリエステル素材Tシャツの臭いの原因と解消法

 

梅雨シーズンの嫌なニオイを防ぐポイント

モラクセラ菌の生乾き臭を防ぐには乾燥が重要とお伝えしましたが、それ以外にも梅雨シーズンならではの洗濯のコツがあります。モラクセラ菌以外にも効果的ですので、ぜひ試してみてください。

 

《洗濯前に干す》
汗を吸った衣類やタオルなどを放置すると菌が繁殖してしまうため、脱いだ衣類は洗濯籠に入れるのではなく、ハンガーなどに干して湿気を飛ばしておくことが重要。洗う前に菌を繁殖させないようにしましょう。

 

《なるべく毎日洗濯する》
洗濯前に菌を繁殖させないことも重要ですが、洗濯物の量が多ければ脱水に時間がかかってしまいますので、一回の洗濯物を少なくするためにも、なるべく毎日洗濯しましょう。

《酸素系漂白剤を活用》
モラクセラ菌などを漂白剤で殺菌・除菌する方法です。40~60℃のお湯が、最も酸素系漂白剤の除菌・殺菌効果が高まる温度なので、お湯に粉末酸素系漂白剤を加え、洗濯物を20~30分つけおきし、その後軽くすすぎ、通常通りの洗濯を行いましょう。

 

《干す前にアイロンを当てる》
干す前のひと手間ですが、軽くアイロンをかけることにより、生乾きの状態にしてから干すというのも早く乾かすコツです。軽くアイロンをかけるだけで洗濯物が乾くまでの時間はぐっと短くなりますし、60℃以上の温度になると増殖ができなくなるので、アイロンの熱でモラクセラ菌を退治することができます。

 

《洗濯槽をきれいに保つ》
ニオイが気になる場合、洗剤や洗濯物ばかり気になってしまいますが、洗濯機自体が汚れているとそれが原因のひとつにもなってしまいます。洗濯槽の裏はカビが繁殖しやすい場所なので、定期的に洗濯槽の掃除を行いましょう。

 

《ポリジン加工の衣類を選ぶ》
洗濯しても抗菌防臭効果が半永久的に持続するポリジン加工の衣類なら、梅雨時期でもニオイを気にすることなく安心して着用できます。ポリジン加工とは繊維に生息する悪臭の原因となる菌の増殖を抑制してくれるため、洗濯環境を気にする必要がありません。

 

なお、Tplantでもポリジン加工のTシャツの販売、オリジナルプリントの加工を行っておりますので、ポリジン加工のTシャツに興味を持ったらぜひ試してみてください。

 
MS1154
MS1154 4.3オンスドライTシャツ(ポリジン加工)

 

▼関連記事
テント泊・小屋泊登山に超おすすめ!嫌なニオイを抑制する高機能Tシャツのご紹介

オシャレとお酒に目がない意識高い系アラフォー女子。人一倍こだわりが強く妥協が許せない性格。お給料の大半を洋服やコスメといったドレスアップに浪費するも、最近は着飾って出掛けるところがないのが最大の悩み。リモートワークを邪魔してくる愛猫との縄張り争いが耐えない毎日を過ごす。
投稿を作成しました 188

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る