意外に知らない?!正しいハンガーの選び方

意外に知らない?!正しいハンガーの選び方

Staff B / 2023年5月15日

Photo by Keagan Henman on Unsplash

型崩れの原因はハンガーにあり?!ハンガーの重要性とは

早速ですが、ご自宅のハンガーはどのようなものを使っていますか?

 

スーツやコートなどはしっかりとした木製ハンガー、洗濯物を干す時はクリーニング店でもらったプラスチックハンガーで済ませているという。という人も少なくないと思いますが、家にある

 

ハンガーを適当に使うのはNG。

 

というのも、どんなに素敵な高級の衣類を購入しても、正しいハンガーを選ばなければ型崩れを起こしたり、シワがついてしまったりするため、

 

ハンガーの選び方はとても重要なのです。

 

たとえば、ハンガーのサイズの場合、衣類の肩幅に対してハンガーの幅が広ければ、衣類の肩先や袖にハンガーが出っ張るため、型崩れを起こしハンガーの跡が残ったりします。反対に、肩幅に対して幅が狭いハンガーは肩の部分からずり落ちたような感じになってしまうために、肩の途中が出っ張ってハンガーの跡が残ったり、前面や背面に変なシワができたりするため、保存状態が大きく変わってくるものなのです。

 

また、ハンガーの形状は様々ありますが、肩の部分に厚みがあるタイプはスーツやジャケット用、襟の部分の立ち上がりのあるタイプはYシャツやブラウス用というように、それぞれ用途が異なるものなのです。

 

このようにサイズや用途に合っていないものを使用していると、

 

型崩れやシワを起こす原因

 

となってしまい、いざ着用しようと思った時にすぐ着られないという事態を引き起こすかもしれません。

 

もちろん、ある程度の型崩れであれば、アイロンや衣類スチーマーを使ったり、クリーニングに出したりすれば復活する場合もありますが、時間と労力、そしてお金がかかりますので、始めから型崩れしないハンガーを選ぶ方が賢明といえます。

 

そこで今回は、大切な衣類を長く着用するためのハンガーの正しい選び方についてお伝えします。着たい時にすぐに着られるように、衣類に合ったハンガーを選べるようになりましょう。

 

▼関連記事
大切なオリジナルTシャツはTシャツ専用ケースに収納すべき???

 

型崩れを防ぐハンガーの正しい選び方

ここでは、知っているようで知らないハンガーの選び方についてご紹介します。
さて、スーツやコート、シャツやジャケットなどの型崩れやシワを防ぎながら保管するためには、何を重視すべきかと思いますか?

 

ハンガーの幅?それとも種類・形状?と悩ましいところではありますが、最優先すべきことはハンガーの幅!ハンガーの幅の選び方について見ていきましょう。

POINT1:ハンガーのサイズを選ぶ

型崩れを防ぐためには、とにかくハンガーのサイズ選びがとても重要。まずは、自分の服の肩幅に合うハンガーのサイズを知るところから始めます。

 

衣類の肩幅よりマイナス1~2cm程度のハンガーがベスト

 

なので、それをもとにいくつかのハンガーを試し、ベストなサイズのハンガーを見つけるとよいでしょう。見るべきポイントは、ハンガーの先端が肩のどの位置にあるかを確認するのですが、ハンガーの先端が肩の切り替え部分よりも、少し内側になっているものを選んでくださいね。また、肩のラインはまっすぐと伸び、肩から袖がストンと自然に落ちているかどうかを確認することもお忘れなく。

 

大体の目安としては

 

レディース・Sサイズ:36~38㎝
レディース・Mサイズ / メンズ・Sサイズ:38~42㎝
レディース・Lサイズ / メンズ・Mサイズ:42~45㎝
レディース・LLサイズ / メンズ・Lサイズ:45~47㎝

 

となりますので、参考にしてみてください。

 

POINT2:種類や用途に合ったハンガー選ぶ

 

ハンガーのサイズが決まったら、次は衣類の種類や用途に合わせてハンガーの種類・形状を選びましょう。衣類用ハンガーの主な種類は以下の通りです。

 

スーツ・ジャケット用

スーツやジャケットなどは体のラインに沿った作りになっています。そのため、スーツ・ジャケット用のハンガーの肩部分は前面に丸みを帯びた形状になっており、肩を掛ける部分の厚みは3〜5cm程度になっていることが特徴です。

 

コート・アウター用

コートなどの重さのある衣類には、しっかり支える必要があるため、肩を掛ける部分は5cm以上あるものがよいでしょう。

 

Yシャツ・ブラウス用

ジャケットやコートとは異なり、肩部分の厚みは不要ですが、前方にゆるやかなカーブが描かれているがオススメです。また、襟のあるYシャツやブラウスには、ハンガーの襟の部分に立ち上がりのあるものがよいでしょう。

 

また、反対に襟がないカジュアルな衣類には、襟の部分に立ち上がりのないものを選びましょう。

 

なお、これ以外にハンガーの選び方としてはハンガーの素材となりますが、長期間保管する際には防湿効果があり、静電気が起きにくい「木製」がオススメです。

 

洗濯物を干すためにも使用するなら、水分を吸収しない軽くて安価なブラスチック製。ハンガーから滑り落ちやすい衣類には起毛素材のハンガー、デザイン製が高く、耐久性に優れたものであればスチール製といったように選ぶとよいでしょう。

 

今回は意外に知らないハンガーの選び方についてお伝えしましたが、いかがでしたか。
ファッションは好きだけどハンガーにはこだわっていないという人も多いかと思いますが、型崩れしたり、シワになったりさせないために、衣類に合ったハンガーを選んでいただきたいものです。家族でハンガーを使いまわすのはやめて、それぞれのサイズに合わせたものを選びましょう。

 

▼関連記事
衣類に毛玉ができるのはなぜ?毛玉を防ぐ対策や正しい取り方について

Tplant
Tプラントは誰でも簡単にオリジナルTシャツが作成できるWebサービスです。
Tシャツ、パーカー、トートバッグなど、様々なウェアやグッズにオリジナルのデザインをプリントします。
Staff B
Staff B

オシャレとお酒に目がない意識高い系アラフォー女子。人一倍こだわりが強く妥協が許せない性格。お給料の大半を洋服やコスメといったドレスアップに浪費するも、最近は着飾って出掛けるところがないのが最大の悩み。リモートワークを邪魔してくる愛猫との縄張り争いが耐えない毎日を過ごす。