オリジナルTシャツの洗濯方法と干し方テクニック

オリジナルTシャツの洗濯ってどうするの?!

 

せっかくかっこよくできたオリジナルTシャツ、いつまでも綺麗に着たいですよね!
新品とはいかなくても、いい状態を保つ洗濯方法はあるのでしょうか?

 

まず、われらがTplantのよくあるご質問を見ますと……。

 

・こすり洗いはしないでください。
・ドライ系のウェアはつけおき洗いはしないでください
・最初の洗濯の際は単体で洗うことをお勧めいたします(特に濃い色のドライウェア)
・タンブラー乾燥機は使用しないでください。

 

とありますね。

うんうん分かります。
皆さん気をつけましょう!

え、これでおしまいなの?

ちょっと待ってください!

これらは最低限の注意事項で、テクニックにはいたっていませんよね。
ここで、ちょっとした注意で綺麗な状態を保つ洗濯方法をこっそり教えちゃいます!

 

 

綺麗に保つオリジナルTシャツの洗濯方法はこれ!

 

1、布の風合いを保つには、こすり洗いや洗濯機にそのまま放り込んで回すのは避けましょう。形も崩れます。

2、洗濯機に入れる際は、洗濯コースを「おしゃれ着洗い」などを選び、洗濯ネットを使ってTシャツ一枚だけ入れましょう。

3、引っ張った時に首がだらしなくなるのを避けるため、無色の輪ゴムで肩を縛っておいてもいいです。よほどの汚れでない限り、弱水流で洗ってください。

4、手間でなければ、洗面器で押し洗いするのが一番ダメージが少ないです。

 

 

せっかく洗濯方法に気を使うなら脱水と干し方にも気を使って!

 

洗濯方法に気を使ったなら、今後は脱水方法と干し方についてご紹介します。

1、脱水はソフトコースで軽く絞るのみ。

2、干す時は陰干しで、形を整えてから干します。

3、紫外線で色があせていくのを防ぐため、裏返しで干しましょう。

4、裏技として、濡れたままの状態で干すというテクニックがあります。こうすると、縮みやしわをある程度防ぐことができるんです。脱水機にかけず、水気をぱんぱんと払って、形を整え、干します。

5、干す際は、ハンガーを使うと重みで伸びて形が崩れる場合がありますので平置きがベスト

6、ズボンを干すのと同様に、ハンガーの下側にかけても良いです。

7、長袖Tシャツ(ロングT)の袖は重みで垂れてしまうので、形を整えてから肩にかけましょ。

 

 

シワを伸ばすのにアイロン掛けは大丈夫?

 

最後となりますが、洗濯が済んで、干して乾燥させ、いざタンスなどにしまう際には、しっかりとシワを伸ばしておきたいと思う人も多いと思います。もちろん、次に着る直前でも良いのですが、中にはアイロンを掛けてシワを伸ばそうと思う人もいるかもしれません。

結論から言うと、プリント面へのアイロン掛けは基本NGです。
もちろん、プリント面以外なら大丈夫!と言いたいところですが、プリント面はアイロンのような高温の熱に弱いためアイロンは掛けない方が良いでしょう。もちろん、プリント面の保護だけでなく、ナイロン製品などはTシャツそのものが縮んでしまうリスクがあります。

最後にとっておきの裏技!?

それは、自分では洗濯せずクリーニング店に持っていくことです!
その際、オリジナルプリントであることやアイロンを当てないようにお願いします。

でも、そんなのクリーニング代が高いじゃないか!

と思うなかれ。

実はTシャツのクリーニング代は地域や店舗にも寄りますが、300円から400円程度。
ちょっとおやつを我慢すればいい金額と考えることもできます。

 

大切なオリジナルTシャツは、クリーニング店に出せば新品同様のまま着続けられるかもしれません!

Tplantブログ記事一覧に戻る

あわせて読みたい