• Home
  • /
  • Tplantブログ
  • /
  • 春の寒暖差にもおすすめ!脱ぎ着しやすいジップパーカーの魅力
春先に重宝するジップパーカー

春の寒暖差にもおすすめ!脱ぎ着しやすいジップパーカーの魅力

Staff B / 2024年3月8日

春の寒暖差対策はジップパーカーに決まり!


春の訪れとともに、日中の陽気が温かく感じられる日が増えてきましたね。

ただ、朝晩の冷え込みはまだ厳しく、時には寒の戻りがあることもあり、いったい何を着ればいいのか、どんな服を選べばいいのか、と毎朝何を着ていこうか迷う人も多いのではないでしょうか。


3月から4月は気温の変化に対応するのが容易ではなく、まだまだアウターが手放せない時期ではありますが、


そんなときに重宝するのがジップパーカーです。


ジップパーカーとはその名の通り、前面にジッパーがついており、ジッパーを下ろすだけで簡単に着脱できるタイプのパーカーで、朝晩の冷え込みに対応する場合にはジッパーを閉めて暖かさを保ち、暖かく感じる場合にはジッパーを開ければ快適に過ごすことができます。


このように寒暖差のある季節に便利なジップパーカーは、ジャケットやコートのようにアウターとして羽織ったりすることはもちろん、アウターの下にインナーとしても着回しできる魅力的なアイテムです。


そこで今回は、春の寒暖差対策におすすめの脱ぎ着しやすいジップパーカーについて、選び方のコツとおすすめアイテム、男女別のコーディネートをお伝えします。



春先に使えるジップパーカー選びのコツ


素材にこだわる

ジップパーカーの生地にはスウェットやニット、ワッフルやメッシュ素材など色々ありますが、春先にはコットンやT/C素材のスウェットパーカーがおすすめです。

生地厚は8〜10オンスくらいの物を選べば良いでしょう。
12オンス以上になると、春には少し重すぎます。

裏地については、ポカポカ陽気の日には裏パイル、肌寒い日には裏起毛タイプといった感じで、使い分けることで快適に過ごせると思います。


10.0オンス T/C スウェット フルジップ パーカ

5620-01 10.0オンス T/C スウェット フルジップ パーカ

温かい裏起毛のフルジップパーカー。晩秋から初冬だけではなく、肌寒い春先にも重宝します。



10.0オンス T/C スウェット フルジップ パーカ

5203-01 10.0オンス ビッグシルエット スウェット フルジップ パーカ(裏パイル)

ビッグシルエットのアイテムなので、ゆったりとしたシルエットを楽しむことができます。ディテールにも工夫を凝らし、大きめフードやダブルスライダーのファスナーは存在感も使い勝手も抜群です。



春らしいカラーを選ぶ

淡いベージュなど、季節感のある明るい暖色系がおすすめ。
定番のグレーやアッシュもGoodです。

黒やネイビーのジップパーカーを合わせたい場合には、インナーやボトムスは白やベージュ、明るいデニムなどを合わせると爽やかな印象になります。


00217-MLZ ジップアップライトパーカー

00217-MLZ ジップアップライトパーカー

細身のシルエットが特徴の、タイトな着こなしを楽しめる定番ジップパーカー。



5213-01 10.0オンス スウェット フルジップ パーカ

5213-01 10.0オンス スウェット フルジップ パーカ(パイル)

程よいリラックス感のある着こなしが特徴で、裏は定番の裏パイル。季節の変わり目に重宝する一着です。



ジップパーカーの春らしいコーディネートのテクニック


ジップパーカーは男女を問わず多彩なスタイリングを可能にする万能アイテムです。ここではジップパーカーの春らしいコーディネートのテクニックをご紹介します。


抜け感のあるレイヤードコーデに仕上げる

ジップパーカーを活用したレイヤードスタイルは、寒暖差が激しい春にぴったり。シンプルなTシャツやシャツをインナーに取り入れ、ジップパーカーを軽やかに羽織ることで抜け感のあるキメ過ぎないおしゃれな雰囲気に仕上がります。


手首や足首をチラ見せ

手首や足首を出すことで軽やかさを演出することができます。ジップパーカーの袖をめくったり、パンツの裾をロールアップさせることで抜けが生まれ、爽やかな着こなしになります。



参考にしたい!男女別、春のジップパーカーコーデ


ここでは、男女別にジップパーカーの春らしいコーディネートをご紹介します。


春のジップパーカーコーデ【男性編】

《ジップパーカー×チェックシャツ×デニム》


ヴィンテージ加工風のプリントが目を引くジップパーカーにチェックのシャツを組み合わせた、カジュアルながらもスマートなコーディネートです。明るい色味でまとめれば簡単に春らしい装いになります。



《グレーのジップパーカー×デニム》


王道のアメカジ、ブルーデニムにチャンピオンのジップパーカーをラフに着こなしたコーディネート。

こちらはVネックTシャツを合わせた例ですが、下にクルーネックのヘビーウェイトTシャツを着れば、パーカーを脱いでも様になりますね。



▼関連記事

古着コーデを楽しもう!ヴィンテージスウェット着こなし術


春のジップパーカーコーデ【女性編】


《ジップパーカー×白Tシャツ×デニムミニスカート》


2024年春夏に注目されているベージュを使ったコーディネートです。

白Tシャツにミニスカートの上にオーバーサイズのジップパーカーで華奢見え効果抜群です。



《ジップパーカー×白Tシャツ×スウェットパンツ》


部屋着っぽく見えてしまいがちな上下スウェットですが、ジップパーカーのプリントデザインとショート丈のトップスでスタイリッシュな印象に。アクセサリーやキャップ、シューズなどのアイテムでオシャレさんな印象を与えるのがポイントです。



▼関連記事

オシャレなオリジナルパーカーの着こなしテクニック


お気に入りのコーディネートは見つかりましたか。

ジップパーカーは寒暖差に悩まされる春の頼もしい相棒です。その実用性やスタイリッシュなデザインは、様々なシーンで活躍すること間違いなし!今シーズンはぜひお気に入りのジップパーカーを見つけて、春のファッションを楽しんではいかがでしょうか。


なお、当サイトTplantではオリジナルプリントの加工を簡単に作れるサービスを行って理ますので、こんなデザインを作ってみたい!、チームウェアを作りたい、などなどのご要望に応じております。


▼オリジナルジップパーカー制作はこちらから

ジップパーカー一覧

Tplant
Tプラントは誰でも簡単にオリジナルTシャツが作成できるWebサービスです。
Tシャツ、パーカー、トートバッグなど、様々なウェアやグッズにオリジナルのデザインをプリントします。
Staff B
Staff B

オシャレとお酒に目がない意識高い系アラフォー女子。人一倍こだわりが強く妥協が許せない性格。お給料の大半を洋服やコスメといったドレスアップに浪費するも、最近は着飾って出掛けるところがないのが最大の悩み。リモートワークを邪魔してくる愛猫との縄張り争いが耐えない毎日を過ごす。